2009年01月19日

K-POPニュース:少女時代も、イ・ヒョリも・・・中毒性あるメロディ作曲の秘密は?

K-POP界に起きている少女アイドルグループブーム。彼らの歌ってい中毒性の強いメロディは、実は、わずか数人の人々によって作られているのです。

ヒット曲の中毒性メロディの大部分は、彼らの手によるものだ!

「走る、ユーゴーガール!」、「なぜなぜ」、「私、狂う、本当に狂った」、「ペイベ、ベイベ、ベイベ〜♪ 」

このところ、何月もの間、たくさん口ずさみ、そのうちに覚えてしまったメロディ。 私たちを中毒にさせたこれらのメロディは、わずか数人の頭の中で作られているという事実をご存知だろうか?

「ワンダーガールズ」のヒット曲を作曲したパク・チニョンを除くと、最近の'中毒性あるメロディ'を作り出した主人公は、たった二人の作曲家に集約できる。

最近、K-POP界で、最も忙しい彼らとは・・・「イー・トライブ(E-Tribe)」と「勇敢な兄弟」だ。

評価は交錯している。ある人は、「すい星のように現れた天才」と称賛しするが、また他の人は、「単純なメロディの反復で、大衆音楽を退行させた」と断罪する。これらの音楽を作り出した当事者たちは、一体、どんな考えを持っているのだろうか。

◆2人組プロデューシングチーム「イー・トライブ」

htm_20090119023454c000c040-001.jpg

「イー・トライブ」は二人組だ。 作詞・作曲のアン・ミョンウォン(31)と、全体的なプロデューシングを担当するE.D(32)、この二人がチームを組んで仕事をしている。彼らが作った「少女時代」のミニアルバム タイトル曲「Gee」は、今年初め、発表と同時に、各種チャートの1位をさらって突風を起こしている。

「反応がとてもはやくて、私どももびっくりしました。全体的に溌刺とした歌だが、サウンド自体だけ聞けば耳に入ってくる軽い音楽ではありませんね。 若干重いアップテンポ ヒップホップビットに、歌詞の単語を短く切って歌うスタッカート技法をのせたが、そこに、独特の感じが出てきたようです。」

彼らは、最近最も成功しているプロデューシングチームだが、二人とも、正規の音楽教育を受けたことがない。アン・ミョンウォンは大学で環境工学を、E.Dは東洋画を専攻した。 二十歳頃、「イー・トライブ」というストリート ダンスチームで、一緒に踊って大学を卒業した。その後、アン・ミョンウォンは、カラオケ会社に、E.Dは舞踊を学ぶため、大学院に入った。

「カラオケ会社でデジタル音楽をカラオケ音源に切り替える作業をしました。 2年の間、数千曲の歌をデジタルに'コピー'したわけです。 そうするうちにますます聞く耳ができましたよ。」(アン・ミョンウォン)

アン・ミョンウォンは、会社を辞めて、E.Dに「私たちだけの歌を作ってみよう」と提案した。

2005年から1年余り、一部屋に暮らして、食べて寝て、曲だけ使った。 歌を知らせようと直接デモテープを持って企画会社まわりもした。

そして、「僕は分かっている(ナンアラヨ)」がse7enの3集タイトル曲に選択されて、注目をあびた。


24/7(3集)/SE7EN(SEVEN)

2集「Dark Angel」で初めての縁を結んだイ・ヒョリが、3集タイトルとして「U-Go-Girl」に目をつけた。「努力もしたが、運も伴いましたよ。’U-Go-Girl’も初めは、とても軽いという意見が大勢だったが、ダンスチームやスタッフの若いメンバーたちが'これがこの頃トレンドだ'と支持してくれたおかげで、タイトル曲になりました。」


Dark Angel(2集)/イ・ヒョリ


イ・ヒョリ 3集「It’s Hyorish」

最近のK-POP界を席巻しているR&B、ヒップホップ基盤のダンス曲は、彼らの得意分野であり長所だ。「人々は、よく似たメロディが反復されるダンス曲を、水準の低い音楽だと考えます。けれども、歌を作ってみたことのある人々には、分かります。人々の脳裏に残る簡単なメロディを作り出すことこそ、最も大変だということが。」

「シンプル イズ ベスト」という原則の下で、テンポ変化や多彩なサウンドで、新鮮さを加えた曲をずっと発表してゆきたいというのが彼らの夢だ。4月には、「イー・トライブ」という名で、アルバムも発表する予定だ。 アン・ミョンウォンが作詞・作曲を、E.Dがプロデューシングと歌を引き受けるこのアルバムは「韓国的なソウルが何なのかを見せるアルバムになるはず。」とのことだ。

◆フックソングの代表「勇敢な兄弟」

htm_20090119023454c000c040-002.jpg

「勇敢な兄弟」は、本来二人だった。8年前、ヒップホップ デュオでデビューしようと、むやみにYGエンターテイメントを訪ねて行ったカン・コクチョル(32)とカン・ドンチョル(30)兄弟だ。今は兄が「ブラック ソウル」という名前で独立した後、弟一人だけで、「勇敢な兄弟」として、活動中だ。

デモアルバムの中の「涙ぬぐって化粧して(レクシ)」を聞いたYGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク社長が「歌手よりは、プロデューサーをしてみなさい。」と提案してYG専属メンバーになった。 レクシの「空の上で」、ビッグバンの「最後の要人」などを作った後、昨年の春「プレイブ エンターテイメント」という名前で独立した。 独立後、プラウンアイド・ガールズの「なぜ」、ソン・ダムビの「狂う」等が、連続大ヒットした。

「勇敢な兄弟」という名前が示すように、中学校の時まで「組織暴力」が夢だった。 ソラボル高等学校1学年の時中退して、ナイトクラブでウェイター管理室長として仕事をした。 二十歳なった年、運命のように音楽に会った。「クラブDJの仕事をしている友人が、今日かけるCDを聞かせくれたとき、'これは一体なんだ'と思いながら、心臓がド〜〜ンと止まりましたよ。」

米国ヒップホップグループ「サイプレス ヒール」だった。何日間か迷って、DJの友人に「こういう音楽を作るには、一体どのようにしなければならないか」と尋ねた。その日でナイトクラブを辞めて楽器商店街を訪ねて行き、扱う方法も分からないヤマハのキーボードを買った。

昨年彼がヒットさせた曲は「フックソング」と呼ばれる。 既存の歌の起承転結形式を無視して、印象的なリフレーンを繰り返す枠組みを取った。 「勇敢な兄弟の音楽はみな全く同じだ」、「自分の複製をする作曲家だ」という批判が出てくる理由だ。

「私は大衆が好む音楽を作る大衆音楽作曲家です。私がしたいとおり作って'これ良いから聞いて!'と強要したくありません。 今は'フックソング'がトレンドだから、似た感じの歌が度々出てきます。 この流れはまた変わると考えています。」

だが、音楽サイトの'30秒リスニング'が曲を瞬間的に判断するようにさせて、音楽の多様性を害しているということには同意する。 「製作者の要求で、後のリフレーンの部分を、前面に移したことがあります。 音楽を全体的に把握するためには、試聴リスニング時間が、1分30秒は必要だと見ています。”

この頃、彼が作るすべての歌の前には「プレイブ サウンド」というミュージックマークが録音されている。「勇敢な兄弟が作ったので信じて聞いて欲しい」は一種の品質保証書だ。
最近は、新しい女性グループ「アフタースクール」のアルバムに参加し、今は4月頃リリース予定の自分のアルバム「勇敢な兄弟」を作っている。

(記事出処: 中央日報 2009-01-19 )

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

こちらが「イー・トライブ」作詞・作曲の少女時代「Gee」MVです。

◆Girls' Generation - Gee MV


そして、こちらが、新しくデビューしたばかりの少女グループ、アフタースクールの「AH」。「ブレイブサウンド」のミュージックマーク入り、「勇敢な兄弟」の作品です。

◆After School - AH


K-POPの特徴の一つとして、あるものがヒットすると、それに似たものが次から次へと一斉に出てくることが上げられるのではないでしょうか。(苦笑)

現在も、少女アイドルグループが次から次に出てきて、皆、同じ作曲家の作った似たような歌を歌っているという現象が起きているようです。

このトレンドはどのくらい続くのでしょうね??



にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
記事をお読みになって参考になったら、応援のポチっをお願いしますね。


チョ・グァヌJo KwanWoo 魅惑のファルセットボイス
TOPページへ




posted by mimi at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | K-POPニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。