2008年12月08日

チョ・グァヌ:放映中のドラマ「王と私」(KNTV)OSTに参加!

チョ・グァヌは、数多くの韓国TVドラマや映画のOSTに参加していますが、現在、日本のKNTVで放送されている「王と私」(韓国SBS)のOSTに参加しています。

韓国SBSで、2007年8月27日〜2008年9月3日の放映された「王と私」は、全63話の史劇。長いですぅ・・・(笑)
日本では、KNTVで、この7月28日から放映開始され、ただ今、折り返し点をすぎ、後半に入っています。

放送日 : 毎週月・火 午後10時10分
再放送 : 毎週水・木 午前9時40分、1/2(金)一挙放送スタート
出演 : オ・マンソク、ク・へソン
提供元 : SBS Productions Inc. 部作 : 63部
KNTV放送日 : 2008年07月28日〜
★KNTVの「王と私」のHPはこちら⇒KNTV「王と私」ホームページ

「王と私」KNTV 予告篇


このドラマの中でグァヌさんが歌っている「千年愛」です。

◆Jo Kwan Woo「千年愛」ドラマ「王と私」OST

(Special thanks to HARUCO33)

韓国でこのドラマが放映された2007年の記事を探したところ、次のような記事がありましたので、翻訳してご紹介しますね。

◆月火ドラマ'王と私' OST発売

2007122171017_2007122144291.jpg

SBS月火ドラマ'王と私'のOSTが12月21日(2007年)発売された。

「王と私」OSTはSBS「マイガール」「魔女ユヒ」「ナイフ使いオ・スジョン」 等のOSTで有名な作曲家オ・ジュンソンが音楽監督を引き受け、チョ・グァヌ、イム・ヒョンジュ、ブラウンアイドガールズ、国楽グループ「ユル」、デービッド・ギャレットなど実力派ミュージシャンらが参加した。

歌手チョ・グァヌは、今回のOSTで、メイン曲の「千年愛」という曲で、彼特有の切ないながらも感情豊かなボイスカラーを、国楽の調べに乗せて、'悲しい愛'を表現した。

世界的なポップ・オペラ歌手イム・ヒョンジュも参加し、今回のOSTの完成度を一層高めた。 イム・ヒョンジュは「どうか」という曲を歌い、この曲はドラマ前半の劇的な状況で使われる。 オーケストラの演奏をバックに、洗練され感覚的な歌唱を聴かせてくれる。

新世代人気グループ ブラウンアイド・ガールズの参加も話題を集めている。

オ・ジュンソン監督は「‘王と私’のOSTは既存の史劇OSTと差別するためにも、叙事的な部分と、叙情的な部分を生かし、さらに現代的な感覚を加味して作った。」と説明した。

この他に、世界的なバイオリニスト デービッド・ギャレットと美女国楽グループ「ユル」は今回のOSTで「チョソンのラブテーマ」を共演した。 この曲は韓国の伝統国楽と西洋楽器のバイオリンが適切な調和を作り出し、感覚的な旋律が引き立っている。
また150対1の競争率で選抜された小学校5年生のイ・ウォンウと閑吟子供合唱団が歌った「全体のままで」も注目されている曲だ。

一方、今回発売されたOSTは、去る10月末オンライン音楽サイトを通じて公開された歌を含んでおり、バックミュージックなど総20トラックの曲が収録されている。

(韓国経済新聞2007-12-21)


OST/王と私(SBSドラマ)【送料無料】

◇収録曲リスト
01 千年愛 (チョ・グァヌ)
02 ビソユ (Brown Eyed Girls&メイダニ)
03 どうか (イム・ヒョンジュ)
04 哀想歌 (JE-A @ Brown Eyed Girls)
05 丸ごと (イ・ウォヌ & ハヌム国楽少年少女合唱団 )
06 Prologue ため息 (パク・セジュン )
07 千年木(チョソンのラブテーマ)
08 空無愛天
09 夢の宮殿
10 空が私に
11 赤い太陽
12 花雨
13 Kingdom of kings
14 遠い旅程
15 The little hero
16 ウンジャンド
17 The road of king
18 Moonlight
19 黒雨
20 どうか(イム・ヒョンジュ・ハミングバージョン)

チョ・グァヌ、イム・ヒョンジュ、Brown Eyed Girlsらが参加したドラマ「王と私」のサウンドトラック。

★SBSドラマ「王と私」は、オ・マンソク、ク・ヘソン、コ・ジュウォンら若手俳優が主演し、高い視聴率を獲得している話題の時代劇ドラマ。サウンドトラックを手掛けたのは、ドラマ「マイガール」「魔女ユヒ」「ナイフ使いオ・スジョン」の音楽監督として知られるオ・ジュンソン。チョ・グァヌ、イム・ヒョンジュ、Brown Eyed Girlsなどの人気ミュージシャンに加え、ヴァイオリニストのDavid Garrett、韓国伝統音楽グループの律(YUL)など、実力派ミュージシャンも多数参加。伝統的なメロディにモダンなエッセンスを調和させた音楽は、ドラマと共に視聴者の高い関心を集めている。

また、このドラマのDVD 「王と私第1章前編 DVD-BOX」は、来年1月21日発売予定で、予約が始まっています。


王と私第1章前編 DVD-BOX

このDVDには、第1話から第10話を収録。 ブックレットが特典封入されます。

内容紹介
泣ける。
十五世紀、朝鮮王朝。「チャングムの誓い」へ繋がる≪韓流時代劇≫最新超大作!謀略と愛憎の渦巻く王宮の扉が、いま開かれる。

●主役チョソン役は、初の時代劇出演となる“韓国ミュージカル界のスター”オ・マンソク!ヒロインのソファ役には『薯童謠〔ソドンヨ〕』で時代劇デビューを果たしたク・ヘソン!

●助演には時代劇の大御所が勢ぞろい!
『朱蒙〔チュモン〕』で「クムワ王」役のチョン・グァンリョル!『チャングムの誓い』で「ハン尚宮」役のヤン・ミギョン出演!

●韓国で時代劇人気の火付け役として名高い、時代劇の巨匠、キム・ジェヒョン(『王の女』『女人天下』『龍の涙』)演出!!!

[スタッフキャスト]
キャスト
キム・チョソン:オ・マンソク(「ぶどう畑のあの男」)
ユン・ソファ:ク・ヘソン(「薯童謠〔ソドンヨ〕」)
ソンジョン(成宗)王:コ・ジュウォン(「復活」)
チョ・チギョム:チョン・グァンリョル(「朱蒙〔チュモン〕」)
チョンヒ王后:ヤン・ミギョン(「チャングムの誓い」)
インス大妃:チョン・インファ(「女人天下」)
スタッフ
演出:キム・ジェヒョン(「王の女」「女人天下」「龍の涙」)
脚本:ユ・ドンユン(「武人時代」「女人天下」)

音楽監督の作曲家オ・ジュンソンがプロデュースしたOSTは、皆、評判が高いものばかりですね。
そして、「マイガール」、「魔女ユヒ」、「王と私」と、グァヌさんも常連参加アーチストになりつつあります。日本の韓ドラファンにも、すっかりお馴染みの歌声になってきたのではないでしょうか?

そして、このドラマ、韓国史劇ファンにとっては、見逃せないドラマですね。
「泣ける」ドラマだそうですが、グァヌさんの歌を聴くだけで、泣けます!!

いずれ、DVDで、ゆっくりドラマと音楽を楽しみたいなあと思っています。




にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
記事をお読みになって参考になったら、応援のポチっをお願いしますね。


チョ・グァヌJo KwanWoo 魅惑のファルセットボイス
TOPページへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。